ブログトップ

まーくんの写真日記\(^o^)/

kojimaru.exblog.jp

説明の少ない写真日記です

外構業者の実態

外構工事の実態
うちの外構工事は一条工務店連携の業者

にお願いしました。
理由的には連絡事項等のやりやすさ、そして安心感を重視しました。
が…しかし酷かった。
外構の打ち合わせはスムーズでした。
現場打ち合わせ時に「あれ?」と思い始めたのが最初でした。実物のサンプルを持ってきて決めるはずが持って来たのはレンガ1コだけ…
他の色と比べる事もできず後は打ち合わせ時と
同じでパンフレットでの現場合わせでした。
我家は引渡し日から引っ越し日まで10日程あったので駐車場2台の確保を引っ越し日までにお願いしてました。又引っ越し日も伝えこの日は作業に入らないようにお願いしていたのですが…
作業されていました、おかげ様で引っ越しトラックが横付け出来ず関係の無い方々にも迷惑をかける事に。
この時には気付かなかったのですが


駐車場なのに転圧なしでコンクリートを引かれていたんですね、
発覚したのはこちらがきっかけ



転圧してないのがモロに表に出ていたのです。
ここのコンクリート長さを測ると図面より42センチ短く施工されてました。
クレームにより現場責任者の偉いさんが出てきてこの箇所のコンクリートはやり直し、他の箇所はこちらの事情により我慢する事に…
その後、やり直しが決定してる場所にカーポートを設置される←当然撤去

次に水はけ問題。
見てください


溜まる水!

泥濘む土!

改善を求め 地面の中にパイプを入れ水が流れるようにするあんきょう工事をしてもらう、
いくら水はけの良い土地でも解体工事、基礎工事、上棟工事と重機による地盤圧縮により固められた土は水が浸み込みにくく表面を流れ排水される その上に柔らかい土が乗せられ雨が降ると水は柔らかい土に染み込み下に行き硬い土に当たると行き場を塞がれ表に溢れると言う悪循環。改善策としてDIYしたのですが又の日記で

玄関アプローチは


レンガ、枕木風コンクリート、化粧砂利でこのような感じなるはずが…



レンガと枕木風はOK
ランプ置きがコンクリートブロック
そして何より許せなかったのが アプローチの隙間に土を入れられた事!
いったいどこの家で玄関アプローチに土を入れる家庭があるのですか?雨が降れば泥を玄関に引きずり、来客者に土を踏ませてインターホンを鳴らせと?
ここに引く予定だった化粧砂利は
隣の駐車場に引かれてました。


(上からの写真です)
ご丁寧な事に下に土を入れられその上に化粧砂利!
踏めば化粧砂利は土にめり込み姿が隠れて行く使用です。
流石に怒りました。

当然撤去のやり直しです。ついでに水を止めになっていた 
レンガも撤去していただきました。

東側にフェンスを立てるためにブロックを2段積んだのですが
お隣の敷地内にモルタルがボトボトと落ちており
それも指摘してからも長期放置・・・・下手をすると近隣トラブルにつながることも
してくれてます。

先週 中商の営業から工事終わりましたので請求書送りますと連絡があったのですが

ここに化粧砂利が入ってませんけど
それから1週間たちますがまだ化粧砂利も入ってないじょうたいです。

この

オープン外構でも2ヶ月もの時間がかかっています。

当然外構業者のやる気のなさが時間に反映したのと思います。

外構業者も慎重にお選びください。

[PR]
by koji-ome | 2017-11-13 20:35 | 粗悪品 | Comments(0)